一口馬主でダービーオーナーになるまで

一口馬主でダービーオーナーを目指します!その先は全G1制覇!?

現役登録馬(2021年11月現在)

お題「愛馬紹介」

f:id:enma_2020:20200501191215j:plain

インゼルの抽選結果が出て、サクソンウォリアー産駒のOwaseyfの20のみ当選しました。1頭のみだったのはちょっと意外だったのですが、測尺発表前に申し込んでいた事もあり、申し込んだいずれの馬も小さめだったので、3分の1の抽選結果はちょうど良かったのかな。と前向きに考えています。あ、ちなみにノルマンディーのピッツネイルの20も当選していたので、今年のドラフトはこれで打ち止めです。頭数も抑えめで、クラブを絞る下準備も整ってきたと思うので、今年は大満足のドラフト結果でしょうか。あとは全馬無事に成長してもらって、来年のデビューを心待ちにしたいと思います。

 

2016年産

f:id:enma_2020:20200502074436g:plain シルク・ホースクラブ

・サルトアトランテ(牝)1勝C

f:id:enma_2020:20200502075749g:plain 広尾サラブレッド倶楽部

・カナロアガール(牝)1勝C

 

 2017年産

f:id:enma_2020:20200502074436g:plain シルク・ホースクラブ

・ミスビアンカ(牝)2勝C

f:id:enma_2020:20200502075826g:plain キャロットクラブ

・グランデマーレ(牡)オープン

・アートムーブメント(牝)地方馬船橋在厩)5勝

f:id:enma_2020:20200502075900g:plain 東京サラブレッドクラブ

・レッドアダン(牡)1勝C→去勢

・レッドラトゥール(騸)未勝利→現役続行!→突然の地方行き(船橋:佐藤裕太厩舎)→地方1勝

f:id:enma_2020:20200502075924g:plain ロードサラブレッドオーナーズ

・ロードシャムロック(牡)3勝C

・ロードクラージュ(騸)2勝C

f:id:enma_2020:20200502075955g:plain ノルマンディーオーナーズクラブ

・デアリングタクト(牝)オープン:桜花賞1着、オークス1着、秋華賞1着

f:id:enma_2020:20200502075749g:plain 広尾サラブレッド倶楽部

・パンサラッサ(牡)オープン

・パラスアテナ(牝)3勝C

 

 2018年産

f:id:enma_2020:20200502074436g:plain シルク・ホースクラブ

・スティクス(牝)3勝C

f:id:enma_2020:20200502075900g:plain 東京サラブレッドクラブ

・ルージュブラン(牝)1勝C

・ルージュジャドール(牝)1勝C

f:id:enma_2020:20200502075924g:plain ロードサラブレッドオーナーズ

・ロードエルピス(牡)1勝C

f:id:enma_2020:20200502075955g:plain ノルマンディーオーナーズクラブ

・レイデルマール(牡)新馬(杉山厩舎)→地方へ 船橋(佐藤裕太厩舎)3勝→中央復帰(高柳瑞樹厩舎)

f:id:enma_2020:20200502075749g:plain 広尾サラブレッド倶楽部

・バスラットレオン(牡)オープン

・カイザーノヴァ(牡)2勝C

 

 2019年産

f:id:enma_2020:20200502074436g:plain シルク・ホースクラブ

・サンドレス(牝)大竹厩舎(入厩)

・アンジーニョ(牝)未勝利

f:id:enma_2020:20200502075826g:plain キャロットクラブ

・ディエルメス(牡)国枝厩舎

ソネットフレーズ(牝)オープン

f:id:enma_2020:20200502075900g:plain 東京サラブレッドクラブ

・ルージュエクレール(牝)萩原厩舎(入厩)

・ルージュカルミア(牝)木村厩舎(入厩)

・レッドバロッサ(騸)未勝利

f:id:enma_2020:20201019173921g:plain サラブレッドクラブライオン

・スマイルバック(牝)1勝クラス

f:id:enma_2020:20200502075924g:plain ロードサラブレッドオーナーズ

・ロードヴァレンチ(騸)未勝利

f:id:enma_2020:20200502075955g:plain ノルマンディーオーナーズクラブ

・ワイントレインの19(牝)杉山厩舎

f:id:enma_2020:20200502075749g:plain 広尾サラブレッド倶楽部

サクソフォン(牡)未勝利

・アンジアン(牝)藤原厩舎

f:id:enma_2020:20200502092918g:plain サンデーサラブレッドクラブ

・コナブラック(牡)1勝クラス

f:id:enma_2020:20200801091555j:plain 地方競馬オーナーズ

・ハッピースパイラル(牝)1勝

 

※共有馬も含みます。

 

がっかりな広尾馬2頭の結果となりました…

天皇賞(秋)は3強対決を3歳馬のエフフォーリアが制し、親子3代制覇となりました。馬券はコントレイルの頭を買っていただけに、悔しい2着でしたが、完敗でしたね。。次走が引退レースとなるので、有終の美を飾って欲しいです。

 

f:id:enma_2020:20200502075749g:plain カイザーノヴァ
10月30日(土)阪神8R
3勝以上2勝クラス(芝1400m)坂井騎手:1枠1番
11頭立て 3番人気:8着

密かな期待もしていましたが、位置どり&見せ場もなく、8着でゴール。陣営が今後どうしていくのか見守りたいと思います。

(レース後のコメント)矢作調教師「前走は長期の休み明けでカリカリしたところがありましたが、今回は逆に落ち着いていてもうひとつ覇気が感じられませんでした。鞍上によれば、『この距離は少し忙しい感じでしょうか。エンジンがかかったのは終いのところだけでした』とのこと。この馬は元気が良すぎるくらいの方がイイのかもしれません」
(HTC)スタートで後手を踏んでしまい、道中のペースが落ち着くなか、馬群の内々で自由が利かない形。最後まで外めに持ち出す機会もなく、存分に力を発揮することができませんでした。なお、このあとは、「ひとまず引き揚げてきた時の感じに問題はありませんでしたので、続けてレースに使っていく方向で」と調教師。「東京のマイル戦あたりを中心に」次走を検討していく予定になっています。

=>やっぱり距離も短いですね。1800mあたりで次走は見てみたいです。

f:id:enma_2020:20200502075749g:plain カナロアガール
10月31日(日)東京6R
3勝以上1勝クラス(芝1600m)三浦騎手:3枠5番
17頭立て 15番人気:10着

4戦連続の10着。引退もやむなしでしょうか…

(レース後のコメント)田村調教師「体つきは良かったですし、終いは他馬と遜色ない脚で上がってきましたが、スタートがひと息で良いポジションを取れなかったですからね。位置取りの差もあったと思います。加えて以前のようにあそこから突き破ってくるほどの末脚までは使えなくなってきているのかもしれません。今日のレースだけを見て言うのであれば、1600mは微妙に短いような気もしました」
(HTC)スタートで外の馬に寄り掛かるような格好になり、やむなく後方からの競馬。悔しいことに加齢によるパフォーマンスの低下との戦いは続きそうですが、同じ10着でも近走の中では終いまでファイトしてくれるレースとなりました。なお、このあとは、「脚質的に小回りはどうかと…。ただ、広いコースとなるとメンバーが揃いがちですし、なかなか難しいところです」と調教師。あらためて「色々と考えながら」方向性を探っていく予定になっています。

=>この調教師はホントふざけてますね…今更「1600mは微妙に短いような気もしました」とは呆れて物も言えないです…(クラブには)転厩or引退の2択でお願いしたいです。

 

※広尾サラブレッド倶楽部の許可を得て転載しております。

 

 

 

今週は広尾馬2頭(カイザーノヴァ・カナロアガール)

今週末はちょっと寂しいですが、土日1頭ずつの出走です。馬券内にはきて欲しいですね〜

 

f:id:enma_2020:20200502075749g:plain カイザーノヴァ
10月30日(土)阪神8R
3勝以上2勝クラス(芝1400m)坂井騎手:1枠1番
古川騎手から坂井騎手に戻って、復帰2戦目。1枠1番になったので、ロスなく回って、最低掲示板、なんとか馬券圏内を目指して、好レースをして欲しいですね。

 

f:id:enma_2020:20200502075749g:plain カナロアガール
10月31日(日)東京6R
3勝以上1勝クラス(芝1600m)三浦騎手:3枠5番
新馬戦以来の1600mのレース。3枠5番と内すぎず、外すぎず、まずまずのところに入りました。とにかく力を出し切るレースを三浦騎手には期待したいです。展開が向いてくれるといいのですが…

 

※広尾サラブレッド倶楽部の許可を得て転載しております。

 

 

嬉しい嬉しい初勝利!(レッドラトゥール)

レポート遅くなってしまいましたが、今週は平日に地方レース2レースに愛馬が出走してました。両馬とも船橋でのレースだったのですが、船橋競馬場も早く見に行けるようになって欲しいです!レッドラトゥールが勝ったレースでは、3連複3連単(高配当)的中と最高の結果となりました!!

 

f:id:enma_2020:20200502075826g:plain アートムーブメント

10月26日(水)船橋10R
クイーンンズオーディション(ダ1600m)本田騎手:3
枠3番
12頭立て 3番人気:6着

午前中は雨が降っていたのですが、午後は止み、晴れの中の不良馬場(発表)でのレースとなりました。当馬のベスト距離1500mから100m長い1600mでのレースでしたが、やはり最後伸びず力尽きてしまいました…わかりやすい馬ですね(笑)やはり1500m限定で走り続けてもらいたいなと思いました。が、そういう訳にも行かないので、馬券勝負できるタイミングを目定めながら愛馬の応援をし続けていきたいと思います。

(レース後のコメント)本田騎手「前回のイメージで進めていき、勝負どころではまだ手応えが残されていました。しかし、いざ追い出しを開始すると全く反応してくれませんでした。今日の相手は後ろにいた勝ち馬と考えていたのですが、早めに抜け出すと気を抜く可能性があったので、ギリギリまで追い出しを我慢しました。結果的に少し難しいところがある馬なので、その部分で嫌気が差してしまったのかもしれません。上手く力を引き出すことができず、申し訳ありませんでした」
山下調教師「1着と3着は後ろから差してきた馬ですが、道中のペースが流れ過ぎていたということはないと思います。実際に良い手応えで途中まで来ていたという話ですから、最後は気持ちの部分が大きかったのでしょう。もともと気難しいタイプではあると思うので、今後はもう少し気持ちの部分を大事に騎乗した方がいいのかもしれませんね。今日は精神的な部分が大きく、前回から延長した距離が敗因ではないでしょうから、また改めてチャレンジしていければと思います。今回は間隔を詰めて頑張ってくれましたので、次走に関しては状態をしっかりチェックした上で判断させて頂きます」
(クラブ)準重賞で結果を出し、改めて牝馬重賞戦線へ向かいたいところでしたが、精神的な部分で嫌気が差してしまった印象です。力を出し切れなかっただけに、次走以降での巻き返しに期待したいと思います。今後についてはレース後の状態をよく見た上で検討していきます。

=>調教師のコメントとしては、距離の問題ではないようですが、、いずれにしても次走以降での巻き返し楽しみにしていきたいです。 

 

f:id:enma_2020:20200502075900g:plain レッドラトゥール
10月27日(水)船橋12R
ホオジロ賞(ダ2200m)森騎手:6枠7番
12頭立て 1番人気:1着🥇

地方転厩後の初戦。力は抜けていると思いつつも、1倍台の1番人気は心臓に悪いです(苦笑)とはいえ、森泰斗騎手が乗ってくれることになったので、それなりの自信はありました。パドックの様子もよく、レースは好位置キープ。直線に向いて、トラストバディとの叩き合いを制し、15戦目で嬉しい嬉しい初勝利となりました!地方でとはいえ、やはり勝利は格別ですね。デビュー戦から2年、どれだけこの日を待ち望んでいたことか。。いつまで現役を続けるかはわからないですが、とにかく無事に馬生を過ごして欲しいなと思っています。

(レース後のコメント)佐藤調教師「出資会員の皆様、愛馬の優勝おめでとうございます。初めてお預かりする馬で手探りでの調整でしたが、パドックでの力強い歩様を見ても概ね態勢を整えることができたのではないでしょうか。普段の調教でもフワッとするようなところがありましたし、JRA時代を踏襲してブリンカーを着用。乗り方は森君にお任せしていました。さすがはリーディングジョッキー、ラトゥールをうまく導いてくれたと思います。森君によると、『先行力があって折り合いもつくし、いい脚を長く使うタイプだから船橋の2200mは合っていると思う。それに、最後はちょっとトボけたところを出しそうになったから、ブリンカーは効果てきめんだった』とのこと。ゆったり行ける2000m前後の距離はいかにも合うのでしょうが、個人的にはマイルあたりも対応可能と見ています。色々な可能性を秘めた馬で、これからが本当に楽しみです。今日はありがとうございました」

=>嬉しいコメントですね。佐藤調教師との相性も抜群で、これまで4戦4勝。馬のことをよく理解してくれていて、頼もしい限りです。森騎手もそれなりの評価をしてくれているので、次走もこのコンビで連勝といきたいところです!

 

※キャロットクラブよりHP掲載の写真使用及び文章引用の許可を頂き転載しております。
東京サラブレッドクラブより許可を得て転載しております。

 

騎手に泣く週末でした(バスラットレオン・ロードシャムロック)

牡馬3冠レースの最終章・菊花賞は、まさかのドゥラメンテ産駒のタイトルホルダーが制しました。逝去したドゥラメンテに捧げる産駒G1初勝利となったのですが、個人的に菊の舞台を制されると混乱を生じます(笑)

 

f:id:enma_2020:20200502075900g:plain レッドバロッサ
10月23日(土)阪神1R
2歳未勝利戦(ダート1400m)藤岡(佑)騎手:4枠5番
14頭立て 5番人気:2着🥈

復帰戦となったダート戦。勝った馬には逃げ切られ3馬身差つけられてしまいましたが、2着に入り去勢明けの復帰戦としてはまずまずの結果となりました。芝スタートからのダート戦となったのですが、砂に入ってから走りが良くなった気もしたので、ダートスタートのコースになれば、さらなる前進も見れそうですね。続戦してくれて年内に勝ち上がってくれれば、来年以降はダート戦での活躍も期待できそうなので、次走が大事になってきそうです。

(レース後のコメント)音無調教師「新潟競馬場のモニターでの確認となりましたが、パドックでも落ち着いて歩けていましたし、状態も良かったと思います。スタートも悪くなかったのですが、芝で行き脚が付かず、ダートも初めてだったので、少しフワフワした感じで走っていましたね。あまり脚を溜めることができず、勝負どころも外目を回してタフなレースになりましたが、最後まで気持ちを切らさず頑張ってくれたと思います。ここ2走はレースに参加が出来なかったですが、まずは格好が付いて良かったと思います。ダートも合っていましたね。気性面に課題がある馬なので、レース後の馬体のケアはもちろんのこと、精神面もしっかりケアしていければと思います。馬の状態を見てからになりますが、今のところ続戦を考えています」

=>やはり芝馬ではなくダート馬というのはこれでわかったと思うので、続戦してダート路線で頑張ってもらいたいです!

 

f:id:enma_2020:20200502075749g:plain バスラットレオン
10月23日(土)東京11R
G2・富士S(芝1600m)坂井瑠星騎手:2枠4番
17頭立て 7番人気:12着
不安を抱えていたスタートをポンと出て、今回は期待できるかと思いきや、、すんなり前に行けばいいのを鞍上の坂井瑠星騎手が抑えてしまい、かかってしまいました。。最後の直線もインから伸びてくるかと思いきや、進路も取れず、前半のロスもたたり失速…まさかの着外に終わりました。なかなかスムーズな競馬ができないですね。正直、鞍上の坂井騎手とも合ってなさそうです。藤岡佑介騎手もイマイチですが、まだマシといった感じでしょうか。先行させると上手な武騎手や川田Jあたりが乗ってくれたら、また一味違ったレースができると思うのですが、矢作厩舎なだけに、なかなかそれも期待できなさそうです。もどかしいレースが続きますね〜(涙)

(レース後のコメント)矢作調教師「スタートは決まったものの、外からこられた時に折り合いを欠いてしまう格好に。その分、終いが伸びなくなってしまいました。調教で乗っている騎手たちも言っているように、まだ成長途上の段階ですからね。こういった競馬も良い経験になり、今後の糧となることでしょう。折り合いを欠いたところ以外、現状におけるこの馬の競馬は出来ていたと思います」
(HTC)問題なくゲートを出てくれましたが、ロータスランドに外からハナを奪われたところで頭を上げてしまい、その後も内々でリズムを乱される形。今回のGⅡでは自身の競馬をさせてもらえず、存分に力を発揮することができませんでした。なお、このあとは、「レース前はマイルCSもイメージしていましたが、今日の結果を踏まえ、あらためてじっくりと考えていきたい」と調教師。「まずは上がりの状態を確認した上で」意見交換を行っていく予定になっています。

=>マイルCSも考えていたそうで、おそらく自重することになると思うと残念ですが、まだ成長途上とのこと。その言葉を信じて、来年以降の活躍を目指して、まずはきっちり立て直しを図ってほしいと思います。

 

f:id:enma_2020:20200502075924g:plain  ロードシャムロック
10月24日(日)阪神10R
元町S(芝1600m)川田騎手:7枠12番
14頭立て 3番人気:11着
こちらも残念な騎乗で見せ場もなく終わってしまいました…勝った馬とそこまで変わらない進路だったはずなんですが、騎手の差なのか馬の余力の差なのか、前走長岡Sでも一緒に走っていたエアファンディタに結局1秒近い差をつけられて勝たれてしまいました。ゲート前に嫌がってきたリッケンバッカーにも先着されて、3番人気で二桁着順は頂けないですね。はっきりとした敗因もわからないですが、コメント待って、また次走に向けて立て直してもらいたいです。

(レース後のコメント)中内田調教師 「当日も雰囲気は悪くなかったはず。ところが、全く集中していなかった模様です。馬の後ろへ収めようとすると、頭や首を振って抵抗。3、4コーナーでようやく落ち着いたものの、今度は勝ち馬に寄られて外へ流れてしまいました。直線もダラダラと走っただけに過ぎず、いつもの伸びを見せられないまま。ムラが出たのか不完全燃焼だったと思います。この先については未定。まずは反動を確認します」

=>調教師も不完全燃焼と言ってますし、集中できなかったということで、スタートが遅れた影響も多少あったのでしょうか?いずれにしても、反動なく続戦できることを願っていたいと思います。

 

東京サラブレッドクラブより許可を得て転載しております。
※広尾サラブレッド倶楽部の許可を得て転載しております。
※ロードサラブレッドオーナーズから情報及び画像の掲載許可を得て投稿しております。

 

今週末はリベンジ戦!(レッドバロッサ・バスラットレオン)

今週末は牡馬3冠レースの最終章・菊花賞なんですが、混戦ムードなので、馬券はお遊び程度。個人的には5枠あたりで楽しめたらと思っています。

 

f:id:enma_2020:20200502075900g:plain レッドバロッサ
10月23日(土)阪神1R
2歳未勝利戦(ダート1400m)藤岡(佑)騎手:4枠5番
 芝で2戦した後、去勢手術しての復帰戦となります。元々ダート路線で活躍して欲しいと思っての出資だったので、ようやく元通り?のダート戦へ。未知数な部分も確かに多いですが、調教も走れているようなので、復帰初戦から期待してみたいと思います!相手もそこまで強敵‥と思える馬も違なさそうなので、あっさり快勝!なんてことになったら物凄く嬉しいですね。

 

f:id:enma_2020:20200502075749g:plain バスラットレオン
10月23日(土)東京11R
G2・富士S(芝1600m)坂井瑠星騎手:2枠4番
NHKマイルC京成杯AHからのリベンジ戦!鞍上も坂井瑠星騎手に戻りました。G2戦なので当然楽なメンバーでないのと、東京コースが合ってるとも思えない上に、斤量もまさかの55キロ。牝馬とはいえ、NHKマイルC2着のソングラインが52キロで出てくるのはさすがに反則ですね(苦笑)ただ、動きは良さそうなのと、先週勝ったパンサラッサと調教で合わせて先着していたのは状態はいい証拠。ここは勝てなくても馬券圏内に入ってくれれば、次走や来年以降はもっと楽しめそうです!あとは坂井瑠星騎手の手綱捌きに託したいと思います!

 

f:id:enma_2020:20200502075924g:plain  ロードシャムロック
10月24日(日)阪神10R
元町S(芝1600m)川田騎手:7枠12番
前走新潟現地観戦して以来のレースとなり、14頭立てとなりますが、そんなに簡単には勝たせてはもらえなさそうです。前走で同じ長岡Sを走ったエアファンディタもいて、鞍上も再びルメールさん。前走では人気では優ってたものの、着順では逆転されてしまいました。今回はその逆となり、勝利を収めてもらいたいところですが‥3歳馬のリッケンバッカーなどもいて力が試されるレースとなりそうです。

 

東京サラブレッドクラブより許可を得て転載しております。
※広尾サラブレッド倶楽部の許可を得て転載しております。
※ロードサラブレッドオーナーズから情報及び画像の掲載許可を得て投稿しております。

 

先週末はまさかの3勝!(スマイルバック・ミスビアンカ・パンサラッサ)

秋華賞は1番人気のソダシが10着に沈み、勝ったのは同じ金子オーナーのアカイトリノムスメ。馬券はファインルージュ頭で買っていたので、非常に悔しい結果となりました。しっかし金子オーナーは凄すぎますね。

 

f:id:enma_2020:20201019173921g:plain スマイルバック
10月16日(土)阪神1R
2歳未勝利戦(ダ1800m)秋山騎手:7枠7番
10頭立て 2番人気:1着🥇

好スタートからハナへ。そのまま終始先頭を走り、最後は3馬身差をつけて、嬉しい初勝利をあげました!秋山騎手の好判断&好騎乗が光りました。ダートであればこれくらいの距離までは持ちそうですね。個人的には再度芝でも見てみたいところですが、次走の選択なども気になります。地方の交流戦などにもチャレンジして欲しいかもです。いずれにしてもとにかく無事に長い活躍を見せて欲しいですね。

(レース後のコメント)松永幹夫調教師は「おめでとうございます。ライオンさんの馬で初勝利を挙げることができてホッとしていますし、嬉しい1勝です。栗東に戻ってきた時点で体が細くて心配しましたが、ここにきて少しずつ戻ってきてくれている段階でした。もう少し体は増やしたいところです。ジョッキーも宥めながらうまく乗ってくれたと思います。秋山ジョッキーは『返し馬からカッとなっていましたので、行ってしまうだろうと思っていました。前進気勢が強く、ハナに立ってからも向正面半ばまでかかりっぱなしでしたが、後ろからあまり来られませんでしたので、展開も良かったですね。それでも押し切ってくれたのですから、力があります。クラスが上がった方が折り合いがつきやすいと思いますが、先々はもう少し短い距離にシフトしていくかもしれません。ありがとうございました』とのことです。輸送競馬、坂のあるコースにも対応できて収穫もありました。この後のことは馬の状態を確認したうえで検討させていただきます。今日はありがとうございました」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認しながら検討いたします。

=>私にとっても嬉しいライオン初勝利となりました!

 

f:id:enma_2020:20200502075900g:plain ルージュカルミア
10月16日(土)東京3R
新馬戦(芝1600m)福永騎手:4枠8番
18頭立て 4番人気:6着

416キロでの出走となりました。レースとしてはまずまずだった印象があるので、体重増やして成長を促しつつ、初勝利を目指して欲しいですね。あとは天栄に期待して託すしかないです。おそらく一旦放牧となると思うので、また年明けでしょうか。

(レース後のコメント)助手「木曜の午後から食いが悪くなってしまった上に、輸送もあったので想定していたより体重が減ってしまいました。体としてはギリギリでしたが、そこまでテンションは上がらず我慢できていましたよ。福永騎手によると『スタートで少し待たされて重心が後ろのときにゲートが開いたので一瞬立ち遅れてしまった。聞いていた通りスタートしてしばらくは周りの馬に気を使っているところはあったが、一度収まってからは周囲をそこまで気にする感じもなく上手に走れていたと思う。直線では広いところに出したかったが、周りもフラフラしていたのもありなかなか前が開かずごちゃついてしまったのは可哀想だった。すんなり外に出せて気持ちよく走ることができればもっと脚が使えて着順も上がったと思う。まだまだ頼りない感じがあって良くなるのはこれからだろうけど、今日で馬群にも慣れただろうし、いいフットワークで走る馬で能力もあるので、ここから気性が嫌なほうにいかなければすぐに勝てそうだよ』ということでした。他馬を気にして競馬にならない可能性もあると考えていましたが、直線でも窮屈になりながら脚は使っていたように初戦としては内容は悪くなかったと思います。体が減ってしまいましたし、福永騎手も言っていたようにこれでテンションが上がってきそうな感じもあるので一度放牧の予定でいます。牧場での体の回復具合も見ながら次を考えていくことになると思います」

=>やはり一旦放牧となりました。そして、やっぱり輸送で体重も減ってしまってたんですね。ただ、福永騎手のコメントにもある通り、素材は良さそうなので、次走あたりですんなり勝ち上がってくれると楽しみになりそうです!

 

f:id:enma_2020:20200502074436g:plain ミスビアンカ
10月16日(土)新潟9R
3歳以上1勝クラス(芝1400m)津村騎手:7枠15番
18頭立て 3番人気:1着🥇

良馬場でのレースとなりました。好スタートから先頭をキープ。新潟の直線をそのまま先頭で走り抜けて、嬉しい2勝目となりました!約1年半ぶりの勝利ですね。来年はもう一つ上のクラスでのレースとなりますが、3勝目目指して頑張ってもらいたいです!

(レース後のコメント)高橋義忠調教師「おめでとうございました。昨年2月の中京で勝ち上がってからここまで時間が掛かってしまいましたが、ようやく2つ目の勝利を挙げることが出来ました。約2ヵ月ぶりのレースとなりましたが、新潟競馬場までの輸送で極端に体重が減ることもなく、良い状態で競馬に向かうことが出来ました。レース前にジョッキーには、行き過ぎてハイペースにならないよう、手応えがある中でも、余力を残しながら走らせて欲しいと、少し難しいオーダーを出していましたが、理想通りの競馬をしてくれましたね。レース後、津村明秀騎手に確認したところ、『二の脚が速くて楽にハナに立つことが出来ましたし、ムキになることもなく脚を溜めることが出来ました。気持ちが入り易い感じでしたが、最後まで気分よく走れたことが結果に繋がってくれたのかなと思います』と話していました。成績にムラがあるものの、すべてが噛み合えばこれだけの走りを見せてくれるのですから、2勝クラスに昇級しても良い走りを見せてくれるはずです。短期放牧を挟みつつ結果を残しているように、もう暫くはこの形で使っていく方が良いのかなと思っていますが、トレセンに戻って状態をよく確かめたうえで今後の予定について相談させていただきます」

=>高橋調教師が色々と丁寧にやってくれているのが功を奏してますね。今後も短期放牧を挟みながら、またフレッシュな状態でレースに出走してくれるのを楽しみに待ちたいと思います。

 

f:id:enma_2020:20200502075749g:plain パラスアテナ
10月17日(日)阪神10R
西宮S(芝1800m)武豊騎手:4枠6番
15頭立て 6番人気:11着
奇しくも秋華賞と同日でのレースとなりましたが、見せ場の作った秋華賞から1年。3勝クラスでしたが、見せ場なく終わってしまいました。今後のレース選択含め、巻き返しはあるのか!?調教も悪くはなかっただけに、次走が大事になってきそうです。

(レース後のコメント)武豊騎手「息や硬さは気にならなかったものの、道中から動かさないとついて行けない状態。うまく背中を使えておらず、完歩が小さい感じでした。本来はもっと反応がある馬ですが、今日はそのようなところが見られませんでした」高柳瑞調教師「イレ込むことなくスタートも良かったですし、それなりの位置からレースを進めることはできました。ただ、鞍上によるとまだ本来のデキにはなかったということなのかもしれません。期待している馬ですし、何とか巻き返せるように再調整していきたいと思います」
(HTC)道中のポジショニング自体は悪くありませんでしたが、勝負所で思うようにギアが上がらない形。休み明けを一度叩いた今回も本来の力を発揮するレースとはなりませんでした。なお、このあとは、「いったん放牧を挟んで立て直してあげた方が良いでしょう」と調教師。まずは心身のリフレッシュに努め、改めて感触を窺っていきたいと考えます。

=>リフレッシュして、立て直しが必要ですね。高柳調教師にあとは任せたいと思います。

 

f:id:enma_2020:20200502075749g:plain パンサラッサ
10月17日(日)東京11R
オクトーバーS(芝2000m)吉田豊騎手:1枠2番
18頭立て 5番人気:1着🥇
雨もそこまで降らず、稍重でのレース。叩いた次走が勝負だと思っていたのですが、スタートして促していって、2着以下を離しての逃げ。昨年2着だったレースですが、今年はそのまま逃げ切り先頭でゴール。あっと驚く結果になりました。(馬券取れなかったのが本当に悔しい…)次走は福島記念ですかね?現地応援したいところですが、どうなりますでしょうか。。

(レース後のコメント)吉田豊騎手「スタートから出して行き、この馬のリズムで。こういう(稍重)馬場の方が良いのは分かっていましたし、とにかくセーフティーリードをキープして行きました。さすがに最後はフラフラしましたが、よく頑張り抜いてくれましたね」矢作調教師「折り合いがつく馬ですので、ハナに立つ競馬をリクエストしました。休み明けの状態でも凌ぎ切ってくれるあたりは、やはり馬に力があるということですよね。ありがとうございました」
(HTC)自身のスピードと内枠を利して2コーナーを先頭で飛び込んで行くと、後続を大きく引き離しての逃走劇。休み明けのひと叩き欲しい状態でありながら、雨を含んだ馬場も味方につけて最後までよく踏ん張ってくれました。なお、このあとについては、「帰ってきてからの馬の状態を見ながら」と調教師。ここで収得賞金を加算できたのも大きく、さらに上のステージを目指していければと思います。

=>年内もう1走ありそうですが、来年以降の活躍も楽しみにできそうです!ぜひ不良馬場で重賞制覇を見せてもらいたいです。

 

サラブレッドクラブライオンより写真、動画、レポートの転載許可を頂いております。
東京サラブレッドクラブより許可を得て転載しております。
シルクホースクラブホームページ掲載の情報であり、転載許可を得て投稿しております。
※広尾サラブレッド倶楽部の許可を得て転載しております。